トップ / 申請に必要な手続きとは

補助金でパンフレット

申請に必要な手続きとは

事業企画書の提出について

促販のためのチラシやパンフレット作成のための資金を、国の補助金である「小規模事業者持続化補助金」に申請して得ようと考えている場合、必ず必要な書類が「事業計画書」です。申請期間内に書類を作成し、提出しなければなりません。では、事業計画書の作成に関し、どのような方法や助けがあるのでしょうか?
 
自分一人で作成することも可能ですが、最寄りの商工会議所の経営指導員、経営コンサルタントなどその道の専門家にアドバイスや指導をお願いすることができます。

この補助金申請に必須の「事業計画書」を通じてこれまでの事業計画や経営、問題点を振り返り、無駄を省いたり、さらに資金を注入すべき部分に気付いたりすることができます。申請までの期間は今年度でも、三ヵ月半ありますから、慌てて作成するのではなく、ある程度の期間をかけて作成できます。

補助金は、資格を満たしていれば必ず受け取れるものではなく、申請し、その事業の有用性や必要性が認められてから、はじめて給付されるものです。どのようにその点をアピールできる計画書が作成できますか?

自社の商品やサービスの内容だけでなく、顧客のニーズや競合する他社との差別化の方法や解決策、自社の強みなど、具体的な映像が浮かぶような内容が必要です。販路拡大のための計画書なら、それをどのように行うかという具体的な計画が必要です。

「町おこしフェスでの出展、既存の顧客へのダイレクトメールでの発送、周辺地域へのポスティング」といった様々な取り組みをアピールできるなら、申請を認可する側もその会社や商品のいいイメージの未来像を描くことができるでしょう。

助成金は、資格にかなっていればほぼ給付されますが、補助金の場合は、必要性を認めてもらわなければ給付されません。その必要性を訴えるのが事業計画書です。自社の商品やサービスがいかに顧客のニーズに答えるものか、他社に負けないどんな強みがあるか、そのすばらしさを伝えるためにどんな具体的な方法で販路を拡大するか、これらをしっかりアピールできる計画書を作成しましょう。

Copyright © 補助金でパンフレットが作れる. All rights reserved.